歌え中国革命歌

唱口常開!

2014年12月

团结就是力量 | 団結こそ力

团结就是力量

作詞 牧虹、作曲 卢肃

团结就是力量,
团结就是力量,
这力量是铁,
这力量是钢,
比铁还硬,
比钢还强,
向着法西斯蒂开火,
让一切不民主的制度死亡!
向着太阳,
向着自由,
向着新中国
发出万丈光芒!

団結こそ力

作詞 牧虹、作曲 盧肅

団結こそ力、
団結こそ力、
この力は鉄、
この力は鋼、
鉄より硬く、
鋼より強く、
ファシストに向かって戦端を開け、
非民主的な全ての制度には死を!
太陽に向かって、
自由に向かって、
天にも達する光を放て!

概要

非常にテンポの良い歌である。いきなり合唱者の数が増えるところにぐっとくる。
短くてテンポの良い歌詞を二度続けるので、一度目で聞き逃しても大丈夫。
配慮の行き届いた歌なのだ。

1943年6月、河北省で闘争をしていた牧虹と盧肅が闘争の効果をあげるため、
3、4日で短い歌劇「団結こそ力」を創った。しかし何かが足りない。終わりが突然
すぎるのだ。そこでみんなで考えて、牧虹が詞を、盧肅が曲を作って終わりの歌を
つけた。それが本歌の誕生だった。

動画は名作「東方紅」から。非暴力なデモでファシストの軍人を追い出している。
平和的な解決を見てよかったね、と思う一方、「非民主的な制度には死を!」と
穏当でないことを歌っている。持っているスローガンが右から左へ読むのも、
近年では見られない。本映像の見どころである。

坐牢算什么 | 監獄で何を謀る

坐牢算什么

作詞 绿永、舒模、作曲 舒模

坐牢算什么?
我们是革命者,屠刀下不变色。
生要站着生,站着生;
死也站着死,站着死。
坐牢算什么,我们是革命者。
仇和恨,燃烈火;
反内战,要和平。
烧毁那蒋家王朝,把美帝赶出去,赶出去。
迎着黎明走,高唱国际歌,建立起新中国。

監獄で何を謀る

作詞 緑永、舒模、作曲 舒模

監獄で何を謀る?
我らは革命者、刀を使っても色を変えず。
生きては立ちて生き、立ちて生き、
死しては立ちて死に、立ちて死に。
監獄で何を謀る、我らは革命者。
仇と恨みは烈火と燃える。
反内戦で平和を求む。
あの蒋家の王朝を焼き払え、米帝を追い出せ、追い出せ。
夜明けが進むのを出迎えて、インターナショナル高らかに、新中国を打ち立てる。

概要

勢いがある上に短い。歌いやすいことこの上ない歌である。
歌っているおじさんの声がいい。リードしてくれるからつい歌えてしまう。
平和を求めるあたりの急なテンポの変化など飽きさせない工夫もあって楽しい。

1947年5月、交通大学(現在だと上海交通大学)の学生たちがよく歌っていた曲
「跌倒算什么」(転けて何を考える)を改変したのが本歌だ。上海交通大学のページに その説明がある。当時の歌詞は以下のとおり。

坐牢算什么!
我们不害怕,
放出来,还要干!
生,要站着生,站着生,
死,要站着死,站着死。

監獄で何を謀る!
我らは恐れない、
放せ、まだすべきことが!
生きては立ちて生き、立ちて生き、
死しては立ちて死に、立ちて死に。

動画は名作「東方紅」から。鎖につながれたお姉さんが出てくるあたり、
悲惨さが伝わる。平和がほしいのはこんな状況から出た言葉なのかと
理解できる。同時に監獄でも希望が持てるいい歌だ。
平和を実現させるためには一時的な暴力も辞さないという姿勢をこの歌詞に
見て取るのは穿ち過ぎかも知れない。

大生产 | 大生産

大生产

作詞 张寒晖、作曲 张寒晖

解放区呀么嗬嗨,大生产呀么嗬嗨,
军队和人民西里里里嚓啦啦啦嗦罗罗呔,
齐动员呀么嗬嗨。

开梢林呀么嗬嗨,开荒地呀么嗬嗨,
不分男男女女西里里里嚓啦啦啦嗦罗罗呔,
加油干呀么嗬嗨。

妇女们呀么嗬嗨,都争先呀么嗬嗨,
手摇着纺车吱咛咛咛吱咛咛咛嗡嗡嗡嗡吱儿,
纺线线呀么嗬嗨。

自力更生么嗬嗨,丰衣足食么嗬嗨,
加紧生产西里里里嚓啦啦啦嗦罗罗呔,
为抗战那么嗬嗨。

又能武呀么嗬嗨,又能文的呀么嗬嗨,
人问我什么队伍,西里里里嚓啦啦啦嗦罗罗呔
八路军呀么嗬嗨!

大生産

作詞 張寒暉、作曲 張寒暉

解放区はああホーヘイ、大生産だよホーヘイ、
軍隊と人民シリリリチャラララソロロダイ、
一緒に参加だホーヘイ。

林を開いてホーヘイ、荒野を開いてホーヘイ、
男女分かたずシリリリチャラララソロロダイ、
ひと頑張りしてホーヘイ。

女性たちもホーヘイ、皆先争いホーヘイ、
紡ぎ車をジニニニジニニニウォウォウォウォジー、
糸を紡ぐよホーヘイ。

自力更生ホーヘイ、衣服足りてホーヘイ、
生産増強シリリリチャラララソロロダイ、
抗戦のためホーヘイ。

武に秀でてホーヘイ、文にも秀でてホーヘイ、
部隊を問われてシリリリチャラララソロロダイ、
八路軍だよホーヘイ。

概要

大生産、またの名を军民大生产(軍民大生産)ともいう。
つい一緒にホーヘイと体を動かしながら歌いたくなるのは
やっぱり歌と歌詞が素晴らしい証拠である。労働歌のように
聞こえるのは気のせいではなく、由来からして軍歌や革命歌
というより労働歌としての性格が強い。

陜西省北部と甘粛省東部で国民党に経済封鎖をされた共産党。
毛沢東は「自ら手を動かして衣食をまかないましょう」と指導した。
軍隊と人民が熱烈に労働しているところをみた張寒暉が当地の歌、
推炒面(煎り粉を引く)を編曲して詞をつけたのが本歌である。

映像はやっぱり名作「東方紅」から。いくつかのバージョンがあって、
ここは一番オーソドックスなものを採用している本シーンを選んだ。
引用した歌詞は小学校の歌の教科書に載っているものらしいが、
通常3番は歌われないとのこと。

到敌人后方去 | 敵の後ろに行け

到敌人后方去

作詞 赵启海、作曲 冼星海

到敌人后方去,
把强盗赶出境。
到敌人后方去,
把强盗赶出境。
不怕雨,不怕风;
抄后路,出奇兵;
今天攻下来一个村,
明天夺回来一座城;
叫强盗顾西不顾东,
叫强盗军力不集中。
到敌人后方去,
把强盗赶出境。
到敌人后方去,
把强盗赶出境。
两路夹攻才能打得赢,
两路夹攻才能打得胜。
到敌人后方去,
把强盗赶出境。
不论西,不论东;
从北平,到南京;
到处有我们的游击队,
到处有我们的好弟兄;
看日本军阀有什么用,
看日本军阀有什么用。
到敌人后方去,
把强盗赶出境。
我们的旗帜插遍东三省,
我们的旗帜插遍了黄河东。
到敌人后方去,
把敌人赶出境。

敵の後ろに行け

作詞 趙啓海、作曲 冼星海

敵の後ろに行き、
強盗を追い出せ。
敵の後ろに行き、
強盗を追い出せ。
雨を恐れず、風を恐れず
退路を断ち、奇襲せよ
今日一つの村を攻め、
明日一つの城を奪回する
強盗に東ではなく西に行かせ、
強盗に軍力を集めさせず。
敵の後ろに行き、
強盗を追い出せ。
敵の後ろに行き、
強盗を追い出せ。
両方の道を抑えると攻め勝てる、
両方の道を抑えると攻め勝てる。
敵の後ろに行き、
強盗を追い出せ。
西であろうと、東であろうと
北平から南京まで
どこでも我らの遊撃隊がいて、
どこでも我らのよい兄弟がいる
見よ日本の軍閥は無意味だ、
見よ日本の軍閥は無意味だ。
敵の後ろに行き、
強盗を追い出せ。
我らの旗は東の三省で飾られて、
我らの旗は黄河の東で飾られた。
敵の後ろに行き、
強盗を追い出せ。

概要

速いテンポに繰り返される短い歌詞。覚えやすさを優先しつつも歌いやすい歌だ。
よく読むと大した歌詞ではないのだけど、メロディに乗って何度も歌うとつい信じて
しまう。日本なんかいたって無意味なのだ、と。歌の恐ろしさである。

当時、国民政府軍事委員会の政治部副部長をしていた周恩来(後の総理)が戦況の
報告をした。それに影響を受けて二人で作詞作曲をしたのが本歌である。当時は
最も人口に膾炙した歌と言われている。

動画は名作歌劇「東方紅」から。この色の映像は珍しいらしい。進軍ラッパの奥に赤地の
旗で歌のタイトルを掲げる心憎い演出をしている。この歌詞はまだ穏当な方で、もう一つ
の歌詞では「強盗」が「鬼子」(日本人の蔑称)となっている。抗日愛国の歌。それが最も
人口に膾炙していた。

习近平在南京大屠杀死难者国家公祭仪式上的讲话(習近平国家主席の南京大虐殺国家追悼式典での講話)

 2014年、中国は12月13日を「南京大虐殺犠牲者国家追悼日」として定めました。2014年12月13日、初めて南京事件の国家レベルの追悼行事が南京大虐殺紀念館で行われました。習近平国家主席の他、序列3位の張徳江 全国人民代表大会常務委員長らの党幹部、事件の生存者や遺族が出席しました。

 その式典で習近平国家主席が重要講話を発表しました。南京大虐殺の犠牲者数を30万人としたことについて、日本の外務省は抗議しました。一方で反日的な姿勢が少し和らいだのではないかとの指摘もあります。いずれにせよ全文を見ないことには始まりませんので、以下に掲載しました。

重要講話

同胞们,同志们,朋友们:

今天,我们在这里隆重举行南京大屠杀死难者国家公祭仪式,缅怀南京大屠杀的无辜死难者,缅怀所有惨遭日本侵略者杀戮的死难同胞,缅怀为中国人民抗日战争胜利献出生命的革命先烈和民族英雄,表达中国人民坚定不移走和平发展道路的崇高愿望,宣示中国人民牢记历史、不忘过去,珍爱和平、开创未来的坚定立场。

同胞たち、同志たち、友人たち:

今日、我々はここに南京大虐殺犠牲者国家追悼式典を盛大に挙行し、南京大虐殺の無辜の犠牲者を偲び、惨めにも日本の侵略者による殺戮に遭い犠牲になった全ての同胞を偲び、中国人民の抗日戦争勝利のため命をなげうった革命烈士と民族の英雄を偲び、中国人民の堅く揺るがない平和発展の途の崇高な願いを表し、中国人民が歴史を心に刻み、過去を忘れず、平和を大切にし、未来を切り開く不動の立場を示します。

1937年7月7日,日本侵略者悍然发动了全面侵华战争,给中国人民带来了前所未有的巨大灾难,中国城乡战火连绵、硝烟四起,中国人民生灵涂炭、苦难深重,中国大地赤地千里、饿殍遍野。

1937年7月7日、日本の侵略者は厚かましくも中国への全面的な侵略戦争を始め、中国人民に前代未聞の大きな災難をもたらせ、中国の都市と農村の戦火は連綿と続き、硝煙は立ち込め、中国人民は塗炭の苦しみに陥り、苦難は幾重にも、中国の大地は荒廃し、餓死者は全土に及びました。

1937年12月13日,侵华日军野蛮侵入南京,制造了惨绝人寰的南京大屠杀惨案,30万同胞惨遭杀戮,无数妇女遭到蹂躏残害,无数儿童死于非命,三分之一建筑遭到毁坏,大量财物遭到掠夺。侵华日军一手制造的这一灭绝人性的大屠杀惨案,是第二次世界大战史上“三大惨案”之一,是骇人听闻的反人类罪行,是人类历史上十分黑暗的一页。

1937年12月13日、中国を侵略した日本軍は野蛮にも南京に侵入し、この世のものとは思えない悲惨な南京大虐殺を行い、30万同胞が無惨に殺戮され、無数の女性が傷つけられ、無数の子供が命を落とし、三分の一の建物が壊され、多くの財産が掠奪されました。中国を侵略した日本軍が創りだしたこの人間性を失った大虐殺は、第二次世界大戦史上「三大虐殺」の一つであり、聞いた者が驚くほどの半人類的な罪であり、人類の歴史で非常に黒い一面です。

令人感动的是,在南京大屠杀那些腥风血雨的日子里,我们的同胞守望相助、相互支持,众多国际友人也冒着风险,以各种方式保护南京民众,并记录下日本侵略者的残暴行径。他们中有德国的约翰·拉贝、丹麦的贝恩哈尔·辛德贝格、美国的约翰·马吉等人。对他们的人道精神和无畏义举,中国人民永远不会忘记。

感動することは、南京大虐殺のあの血なまぐさい風雨の日に、我々の同胞は互いに助け合い、互いに支えあい、多くの国を越えた友人もまた危険を犯して、様々な方法で南京の民衆を保護し、日本の侵略者の残虐な行為を記録しました。彼らの中にはドイツのジョン・ラーベ、デンマークのベルンハルト・シンドバーグ、米国のジョン・マギーらがいます。彼らの人道精神と恐れを知らない義挙を、中国人民は永遠に忘れることができないでしょう。

日本侵略者制造的南京大屠杀惨案震惊了世界,震惊了一切有良知的人们。第二次世界大战胜利后,远东国际军事法庭和中国审判战犯军事法庭,都对南京大屠杀惨案进行调查并从法律上作出定性和定论,一批手上沾满中国人民鲜血的日本战犯受到了法律和正义的审判与严惩,被永远钉在了历史的耻辱柱上。

日本の侵略者の行った南京大虐殺は世界を震撼させ、良心のある人々全てを震撼させ、第二次世界大戦の勝利の後、極東軍事法廷と南京軍事法廷が、南京大虐殺について調査を行い、法律から問題を指摘し、中国人民の鮮血にまみれた日本戦犯は法律と正義の審判と厳罰を受け、歴史の恥辱の上に永遠に汚名を残しました。

历史不会因时代变迁而改变,事实也不会因巧舌抵赖而消失。南京大屠杀惨案铁证如山、不容篡改。任何人要否认南京大屠杀惨案这一事实,历史不会答应,30万无辜死难者的亡灵不会答应,13亿中国人民不会答应,世界上一切爱好和平与正义的人民都不会答应。

歴史は時代によって変遷や改変されず、事実もまた巧みな弁舌で言い逃れたり消えたりしません。南京大虐殺は山のごとく動かぬ証拠があり、改竄できません。誰も南京大虐殺という一つの事実を否定できず、歴史は承諾できません、30万人の無辜の犠牲者は承諾できません、13億の中国人民は承諾できません、世界の平和と正義を愛するあらゆる人民もみんな承諾できません。

同胞们、同志们、朋友们!

中国人民和中华民族历来具有不畏强暴、敢于压倒一切敌人而不被敌人所压倒的英雄气概。面对极其野蛮、极其残暴的日本侵略者,具有伟大爱国主义精神的中国人民没有屈服,而是凝聚起了同侵略者血战到底的空前斗志,坚定了抗日救国的必胜信念。在中国共产党号召和引领下,在全民族各种积极力量共同行动下,中华儿女同仇敌忾,视死如归,前仆后继,共御外敌。

同胞たち、同志たち、友人たち:

中国人民と中華民族は古来凶暴を恐れず、勇気を出してあらゆる敵を押し負かし、敵に押し負かされない英雄の気概をそなえています。極めて野蛮で極めて残虐な日本の侵略者に対しても、偉大なる愛国主義精神をそなえた中国人民は屈服せず、侵略者の激戦を通して空前の闘志が凝集し、抗日し国難を救う勝の信念が固まりました。中国共産党の号令と導きの下、全民族において様々な積極的な共同行動の下、中華の子女たちは仇敵への恨みを通じて、死も恐れず、勇敢に戦い、外部の敵に抵抗しました。

经过8年艰苦卓绝的浴血奋战,中国人民付出了伤亡3500万人的沉重代价,用生命和鲜血打败了日本侵略者,赢得了中国人民抗日战争伟大胜利,也为世界反法西斯战争胜利作出了重大贡献。

8年の艱苦著しい血で血を洗う戦いを経て、中国人民は3500万人もの死傷者という思い犠牲を出し、生命と鮮血で日本の侵略者を打ち負かし、中国人民抗日戦争の大勝利を得て、また世界のため反ファシズム戦争の勝利という大きな貢献をなしました。

中国人民抗日战争的胜利,谱写了中华民族不屈不挠抵抗外来侵略的壮丽史诗,彻底洗刷了近代以后中国屡遭外来侵略的民族耻辱,极大增强了中华民族的自信心和自豪感,也为中国人民在中国共产党领导下开辟实现民族复兴的正确道路创造了重要条件。

中国人民抗日戦争の勝利は、中華民族の外部の侵略に対する不撓不屈の抵抗の壮麗な叙事詩に書かれ、近代以降中国が外部の侵略者からたびたび受けてきた民族の恥辱を徹底的に洗い出し、中華民族の自信と誇りを最大限まで増やし、また中国人民のため中国共産党の領導の下、民族復興の正しい道を切り開き、重要な条件を創り出しました。

同胞们、同志们、朋友们!

自古以来,和平就是人类最持久的夙愿。和平像阳光一样温暖、像雨露一样滋润。有了阳光雨露,万物才能茁壮成长。有了和平稳定,人类才能更好实现自己的梦想。

同胞たち、同志たち、友人たち:

古来から、平和は人類が最も長く持ち続けている宿願です。平和は太陽のように暖かく、雨露のように潤いがあります。陽光や雨露があって、万物はたくましく育つのです。平和と平穏があって、人類は更に良い自分の夢が実現できるのです。

历史告诉我们,和平是需要争取的,和平是需要维护的。只有人人都珍惜和平、维护和平,只有人人都记取战争的惨痛教训,和平才是有希望的。

歴史は我々に教えます、平和は努力して勝ち取るものだということを、平和は守らねばならないものだということを。人がいれば平和を大事にし、平和を守り、人がいれば戦争の悲惨な教訓を心に刻み、平和が希望となります。

我们为南京大屠杀死难者举行公祭仪式,是要唤起每一个善良的人们对和平的向往和坚守,而不是要延续仇恨。中日两国人民应该世代友好下去,以史为鉴、面向未来,共同为人类和平作出贡献。

我々は南京大虐殺の犠牲者のため公式式典を挙行し、全ての善良な人々に平和への思いと守りぬく気持ちを引き起こさねばならず、また恨み続ける必要はありません。人民は中両国の世代を越えて仲良くし、歴史を鏡として、未来に向かい、共に人類の平和のために貢献します。

忘记历史就意味着背叛,否认罪责就意味着重犯。我们不应因一个民族中有少数军国主义分子发起侵略战争就仇视这个民族,战争的罪责在少数军国主义分子而不在人民,但人们任何时候都不应忘记侵略者所犯下的严重罪行。一切罔顾侵略战争历史的态度,一切美化侵略战争性质的言论,不论说了多少遍,不论说得多么冠冕堂皇,都是对人类和平和正义的危害。对这些错误言行,爱好和平与正义的人们必须高度警惕、坚决反对。

歴史を忘れることは決別を意味し、罪と責任を認めないのはさらなる罪を意味します。我々はある民族の中の少数の軍国主義分子が侵略戦争を仕掛けたからといってその民族を敵視すべきではなく、戦争の罪と責任が少数の軍国主義分子にあって人々になく、ただし人々はいつ何時も侵略者の犯した重大な罪を忘れてはなりません。全ての侵略戦争の歴史を顧みない態度、全ての侵略戦争の性質を美化する言論、言われた回数にかかわらず、もっともらしく言われたとしても、全て人類の平和と正義への害でしかありません。これらの錯誤的な言動に、平和と正義を愛する人々は必ず注意深く警戒し、堅く反対せねばなりません。

同胞们、同志们、朋友们!

“疑今者,察之古;不知来者,视之往。”近代以后的100多年时间里,中国人民无数次经历了战争磨难,更加懂得和平的珍贵。弱肉强食不是人类共存之道,穷兵黩武不是人类和平之计。和平而不是战争,合作而不是对抗,才是人类社会进步的永恒主题。

同胞たち、同志たち、友人たち:

「今を疑う者は過去を調べよ;未来を知らぬ者は過去を見よ。」近代以降の百年あまりの時間で、中国人民は数多くの戦争の苦しみを経て、平和の大切さへの理解を深めました。弱肉強食は人類共存の道ではなく、強兵好戦は人類平和のためになりません。平和で戦争をしないこと、協力し対抗しないこと、これぞ人類社会の進歩的な永遠のテーマです。

刚才,我们为南京大屠杀死难者国家公祭鼎庄严揭幕。我们设置这尊鼎,就是要向世人宣告“昭昭前事,惕惕后人”、“永矢弗谖,祈愿和平”的心愿。

たった今、我々は南京大虐殺犠牲者のための国家追悼式典をまさに盛大に始めます。我々はこのオブジェを設置し、まさに世界の人達に「明らかな過去、注意深く子孫に」、「永遠に忘れないことを誓い、平和を祈願する」気持ちを宣言します。

此时此刻,我们要告慰所有在南京大屠杀惨案中不幸罹难的同胞们,告慰所有在日本侵华战争中不幸死难的同胞们,告慰所有在近代以来中国抗击外来侵略中英勇牺牲的同胞们,告慰所有在为争取民族独立、人民解放和国家富强、人民幸福的伟大斗争中英勇献身的同胞们:今天的中国,已经成为一个具有保卫人民和平生活坚强能力的伟大国家,中华民族任人宰割、饱受欺凌的时代已经一去不复返了,中国人民正在意气风发地沿着中国特色社会主义道路,为实现“两个一百年”奋斗目标、实现中华民族伟大复兴的中国梦而奋斗。中华民族的发展前景无比光明。

この時この時間に、我々は南京大虐殺の中で不幸にも罹災したあらゆる同胞たちを慰め、日本の侵略戦争の中で不幸にも犠牲になったあらゆる同胞たちを慰め、近代以来中国で外部の侵略者に命をかけたあらゆる英雄の同胞たちを慰めます:今日の中国は、すでに人民の平和な暮らしを保護する強固な能力を持った偉大な国家になり、中華民族の人に身を任せ、辱めに堪える時代は既に過ぎ去り、中国人民は意気軒昂に中国独特の社会主義の道に沿って、「二つの百年」を実現するため奮闘し、中華民族の偉大な復興という中国の夢のため奮闘しています。中華民族の発展の未来はこの上なく明るい。

此时此刻,中国人民也要庄严昭告国际社会:今天的中国,是世界和平的坚决倡导者和有力捍卫者,中国人民将坚定不移维护人类和平与发展的崇高事业,愿同各国人民真诚团结起来,为建设一个持久和平、共同繁荣的世界而携手努力!

この時この時間に、中国人民はまた厳然と国際社会に訴えねばなりません:今日の中国は、世界平和の不動の提唱者であり力強くな護持する者で、中国人民は間違いなく堅く揺るぎなく人類の平和と発展の崇高な任務を擁護し、各国の人民がともに誠実に団結し合い、一つの長い平和を建設するため、共に繁栄する世界とともに手をとって努力しましょう!



解説: 一部の表現が不穏当ではあるが、同じく一部の表現が穏当である。日本の侵略者が厚かましくも中国を侵略し、全土が荒廃、餓死者は全土に及んだあたりの描写は国家の公式な式典でいうにはそぐわないほどだ。一方で日本の悪さを前面に押し出すのではなく、過去を鏡としてこれからの世界平和に貢献していこうと呼びかけるところがメインになっている。

 全体を見ると、海外向けを意識していないことはないが、国内向けのメッセージに受け取れる。対外的には「国内向けですよ」と見せかけ、弁明の余地を残しつつ「30万人」と自らの主張する数字を入れる。ここで抗議しないと「ね、日本は認めてるんですよ」と宣伝していく余地を残している。外交とは重層的な論理戦なのだ。

 “疑今者,察之古;不知来者,视之往。”(「今を疑う者は過去を調べよ;未来を知らぬ者は過去を見よ。」)は『管子』「形勢第二」から、“永矢弗谖“(永遠に忘れないことを誓う)は『詩経』衛風「考槃」からの引用など、最近では少し珍しい形をとっている。

 “两个一百年”(二つの百年)は2012年11月8日から14日に開催された中国の第十八回全国代表大会(習近平が国家主席に選出された回)に提出された中国共産党の重要な指導思想の一つ。もう一つの「中国梦」(中国の夢)と両輪をなす。2021年の中国共産党成立100周年に小康社会の全面的な到達を、2049年の新中国成立100周年に富強、民主、文明、和諧という社会主義の現代化を目標とする。習近平時代のキーワードとなる思想だ。定性が文革時代の用語っぽく使われている気がするのだけど、これは穿ち過ぎか。

記事検索
Amazonライブリンク
Google AdSense
RSS
  • ライブドアブログ