海上女民兵

作詞 刘薇、石祥 作曲 魏群、傅晶

头戴金色的斗笠,
脚踏绿色的海浪,
身背银色的螺号,
手握闪亮的钢枪。
扬起白帆荡开双桨,
上起刺刀撒开鱼网,
渔歌伴着海鸥展翅飞翔,
战歌激起万里海浪。
屹立船头红心向阳,
碧海蓝天映进胸膛,
螺号伴着海涛日夜歌唱,
钢枪守卫着万里浪疆。
头戴金色的斗笠,
脚踏绿色的海浪,
身背银色的螺号,
手握闪亮的钢枪。
啊……啊……啊……

海の上の女民兵

作詞 劉薇、石祥 作曲 魏群、傅晶

頭に金色の笠をかぶり、
足で緑色の海を踏み、
銀色の法螺貝を背負い、
手には輝く歩兵銃を握る。
白い帆を上げ櫂を漕ぎ、
銃剣あげて投網して、
漁民の歌カモメが羽を広げ飛ぶ、
戦歌は万里の海に浪起こす。
船首に立ち赤心は太陽を向き、
碧海青空は胸を映し、
ほら貝海の波が日夜歌い、
歩兵銃は万里の水際を守る。
頭に金色の笠をかぶり、
足で緑色の海を踏み、
銀色の法螺貝を背負い、
手には輝く歩兵銃を握る。
ああ……ああ……ああ……

概要

美しい歌である。美しい旋律に勇ましい歌詞が重なって、聴いている方に戦争に対するロマンチシズムさえ抱かせる危険性がある。カモメが飛び太陽が出る。そんな美しい海と空の中で銃を握る歩兵たち。美しい、かっこいい景色が目の前に広がってしまう。

ほとんど情報のない歌である。女性歌手の张越男(張越男)が歌ったもので、1973年に魏群が処女作を彼女に提供したのが本歌である。

動画は誰かの演奏会から。2012年なのは分かるし、どうも試験というかオーディションみたいなものだと思うのだけど、その割には歌っている女性の姿がラフすぎる。トレーナーって。それほど革命歌が身近なものだということが言える…のだろうか。