歌え中国革命歌

唱口常開!

70年代

红太阳一定要照亮台湾 | 赤い太陽は必ず台湾を照らす

红太阳一定要照亮台湾

作詞 邰闽歌 作曲 台湾高山族民歌

高高的玉山插云间
二二八战歌四海传
披荆斩棘百折不挠
我们是中华民族英雄汉
嗨央

我们冲过关山越大海
来到毛主席身边
各族人民亲如兄弟
社会主义祖国多温暖
嗨央

遥望家乡台湾
亲人们还在受摧残
水深火热灾难重
血海深仇记心间
嗨央

高高的玉山插云间
宝岛南北怒火燃
全国人民齐奋斗
红太阳一定要照亮台湾
嗨央
照亮台湾

赤い太陽は必ず台湾を照らす

作詞 邰闽歌 作曲 台湾高山族民歌

高い玉山雲間にそびえ
二二八の戦歌は四海に伝わる
困難に立ち向かい不撓不屈
我らは中華民族の英雄
ヘイヤン

我ら関山にぶつかり大海を越え
毛主席の近くに来て
各民族の人民親しく兄弟のよう
社会主義の祖国は温かい
ヘイヤン

故郷台湾を遥かに望み
親しき人々まだ迫害され
水深く火熱く災難深刻
血の犠牲の深い仇は胸中に覚える
ヘイヤン

高い玉山雲間にそびえ
宝島の南北に怒りの炎は燃え
全国の人民皆戦う
赤い太陽は必ず台湾を照らす
ヘイヤン
台湾を照らす

概要

ヘイヤン♪ と口ずさみたくなるテンポのいい歌だ。富士山より高い玉山(日本名新高山)や二二八事件など、台湾の地名や歴史的事件が出てくる。革命歌で台湾を取り上げるのは珍しいので新鮮にすら感じる。赤い太陽(毛沢東主席率いる共産党)の勢いを感じる歌である。なお披荆斩棘は困難に立ち向かうことを、百折不挠は不撓不屈のさまを表す四字熟語である。明るいメロディのくせして歌詞は難しい。

来歴については一切不明だし、作詞者のデータすら出てこないが、あるブログ記事によると1970年代出版の書物には掲載されていたようだ。だから1970年代の歌とした。「毛主席の近くに」という歌詞からしても毛沢東(1976年没)が存命の頃に歌われたと思われるから齟齬はない。

動画はコレまたよくわからない有志が作ったと思われるものから。今や台湾と中国はずいぶん近くなり、相互に行き来できるようになった。戦争したほうがしないよりも失うものは多く得るものは少ない時代になった。時の流れを感じる。

苗岭连北京 | 苗嶺は北京に連なる

苗岭连北京

作詞 李怀德、彭承标 作曲 白诚仁

山泉清又清哦(清又清)
春茶绿茵茵哦(绿茵茵)
山弯苗山茶献给解放军
山区修铁路军民一条心
啊遇水架桥梁啊逢山打岩洞
汗水洒苗岭战斗情谊深
(山弯苗山茶献给解放军)献给解放军呀
(山区修铁路军民一条心)军民一条心啊
(遇水架桥梁逢山打岩洞)架桥打岩洞哦
(汗水洒苗岭战斗情谊深)战斗情谊深
哦咿咿哦哦哦咿咿哦哦军民情谊深呐
苗山飞彩虹火车进山村
幸福装满车军民齐欢腾
啊感谢子弟兵啊恩情唱不尽
一条幸福线苗岭连北京
(苗山飞彩虹火车进山村)火车进山村呐
(幸福装满车军民齐欢腾)军民齐欢腾哦
(感谢子弟兵恩情唱不尽)恩情唱不尽呐
(一条幸福线苗岭连北京)苗岭连北京
哦咿咿哦哦哦咿咿哦哦苗岭连北京啰
哦咿哦咿哦哦咿哦咿哦苗岭连北京

苗嶺は北京に連なる

作詞 李懐徳、彭承標 作曲 白誠仁

山の泉は清くまた清いよ(清くまた清い)
春の茶は青々としている(青々としている)
山を曲がり苗山の茶を解放軍に献じる
山では線路修理に軍人と民間人が心を合わせる
ああ水に当たれば橋梁をかけああ山に当たれば洞穴を掘る
汗水は苗嶺にこぼれ戦闘の情誼は深まる
(山を曲がり苗山の茶を解放軍に献じる)解放軍に献じるよ
(山では線路修理に軍人と民間人が心を合わせる)軍人と民間人は心を合わせるよ
(水に当たれば橋梁をかけ山に当たれば洞穴を掘る)橋をかけ洞穴を掘るよ
(汗水は苗嶺にこぼれ戦闘の情誼は深まる)戦闘の情誼は深まる
ウォイイウォウォウォイイウォウォ軍人と民間人の情誼が深まるよ
苗山に虹がかかり汽車は山村を進む
幸せを車いっぱいに満たし軍人と民間人は皆喜ぶ
ああ若い兵隊の恩情への感謝はああ歌っても尽きない
一本の幸せの線苗嶺は北京に連なる
(苗山に虹がかかり汽車は山村を進む)汽車は山村を進むよ
(幸せを車いっぱいに満たし軍人と民間人は皆喜ぶ)軍人と民間人は皆喜ぶよ
(若い兵隊の恩情への感謝は歌っても尽きない)恩情は歌っても尽きないよ
(一本の幸せの線苗嶺は北京に連なる)苗嶺は北京に連なる
ウォイウォイウォウォイウォイウォ苗嶺は北京に連なるよ
ウォイウォイウォウォイウォイウォ苗嶺は北京に連なる

概要

美しい旋律でうっとりさせる一方、聴いていて楽しくなる要素のある奥深い歌である。美しい旋律の中で革命的な歌詞を歌われると、つい軍民の情誼が深いのも自然であるかのように思えてくる。遠い北京を想いながら、ともに同じ目標を目指して頑張る。良い光景である。ただ、本歌は歌うのは難しいから敬遠して、聴くだけにしたい。

苗族の古典的な民謡をベースに、1972年に作られた歌である。红叶组合(紅葉組合)が歌った。本歌は発表後から国務院文化領導小組(文化指導隊)が編纂した「战地新歌」(戦地新歌)のアルバムの中に収録され、全国に広く流行した。後に「中国30年优秀歌曲集」(中国30年優秀歌曲集)にも収録された。

動画は中国中央電視台の番組から。歌っているのは红叶组合(紅葉組合)というグループである。歌も踊りもよく練習しているのが読み取れる。飽きさせない演出で何度も見てしまう。寝る前に見て心を落ち着かせるのにいい歌かもしれない。

海上女民兵 | 海の上の女民兵

海上女民兵

作詞 刘薇、石祥 作曲 魏群、傅晶

头戴金色的斗笠,
脚踏绿色的海浪,
身背银色的螺号,
手握闪亮的钢枪。
扬起白帆荡开双桨,
上起刺刀撒开鱼网,
渔歌伴着海鸥展翅飞翔,
战歌激起万里海浪。
屹立船头红心向阳,
碧海蓝天映进胸膛,
螺号伴着海涛日夜歌唱,
钢枪守卫着万里浪疆。
头戴金色的斗笠,
脚踏绿色的海浪,
身背银色的螺号,
手握闪亮的钢枪。
啊……啊……啊……

海の上の女民兵

作詞 劉薇、石祥 作曲 魏群、傅晶

頭に金色の笠をかぶり、
足で緑色の海を踏み、
銀色の法螺貝を背負い、
手には輝く歩兵銃を握る。
白い帆を上げ櫂を漕ぎ、
銃剣あげて投網して、
漁民の歌カモメが羽を広げ飛ぶ、
戦歌は万里の海に浪起こす。
船首に立ち赤心は太陽を向き、
碧海青空は胸を映し、
ほら貝海の波が日夜歌い、
歩兵銃は万里の水際を守る。
頭に金色の笠をかぶり、
足で緑色の海を踏み、
銀色の法螺貝を背負い、
手には輝く歩兵銃を握る。
ああ……ああ……ああ……

概要

美しい歌である。美しい旋律に勇ましい歌詞が重なって、聴いている方に戦争に対するロマンチシズムさえ抱かせる危険性がある。カモメが飛び太陽が出る。そんな美しい海と空の中で銃を握る歩兵たち。美しい、かっこいい景色が目の前に広がってしまう。

ほとんど情報のない歌である。女性歌手の张越男(張越男)が歌ったもので、1973年に魏群が処女作を彼女に提供したのが本歌である。

動画は誰かの演奏会から。2012年なのは分かるし、どうも試験というかオーディションみたいなものだと思うのだけど、その割には歌っている女性の姿がラフすぎる。トレーナーって。それほど革命歌が身近なものだということが言える…のだろうか。

红星照我去战斗 | 赤い星は戦闘に行く私達を照らす

红星照我去战斗

作詞 王汝俊 作曲 傅庚辰

小小竹排江中游
巍巍青山两岸走
雄鹰展翅飞
哪怕风雨骤
革命重担挑肩上
党的教导记心头
党的教导记心头
党的教导记心头
小小竹排江中游
滔滔江水向东流
红星闪闪亮
照我去战斗
革命代代如潮涌
前赴后继跟党走
前赴后继跟党走
砸碎万恶的旧世界
万里江山披锦绣
披锦绣
砸碎万恶的旧世界
万里江山披锦绣
万里江山披锦绣

赤い星は戦闘に行く私達を照らす

作詞 王汝俊 作曲 傅庚辰

小さな竹が川の中流に並び
高くそびえた青山が両岸に並ぶ
雄鷹は羽を広げて飛び
突然の風雨でも
革命の重荷を肩の上に担ぎ
党の教えを心に刻む
党の教えを心に刻む
党の教えを心に刻む
小さな竹が川の中流に並び
川の水は滔々と東に流れる
赤い星はきらきら輝き
戦闘に行く私達を照らす
革命は代々潮のごとく湧き
受け繋いで党とともに行く
受け繋いで党とともに行く
悪い旧世界を打ち砕け
万里の山河は錦をまとう
錦をまとう
悪い旧世界を打ち砕け
万里の山河は錦をまとう
万里の山河は錦をまとう

概要

ほのぼのとした歌である。まるで子守唄のような、子どもたちが学校で合唱してもおかしくないような懐かしいメロディでついつい聴いてて癒される。だけど歌詞は勇壮で、あまりのギャップにくらっと来てしまう。自然の美しさを褒め称えている中に、党のお話がでてくる。唐突に感じるけど、何度か聴いたら慣れるのかもしれない。

1974年に公開された映画「闪闪的红星」(輝く赤い星)の挿入歌で、傅庚辰の映画音楽作品から選ばれた。本歌は傅庚辰が歌手の李双江のために作ったもので、李双江の代表的な作品とも言われる。

動画はおそらくMVから。春のうららかな陽気の中で川下りをしていく様子や美しい花の咲き誇る風景が映ってほのぼのした雰囲気になる。すると突然その中を行軍する隊列が見えてはっとする。メロディとおよその映像の雰囲気は合っているが、少し場違いな場面が出てくる。その場違いな場面と歌詞が合っている。やるなあ、と思う。

萨丽哈最听毛主席的话 | サリハが毛主席のお話を最も聞く

萨丽哈最听毛主席的话

作詞 张世荣 作曲 祝恒谦

东方升起金彩霞
草原盛开向阳花
哈萨克青年有志气
萨丽哈一心要学金训华
要当雄鹰展翅飞
不做温室一枝花
耶耶耶耶萨丽哈
萨丽哈最听毛主席的话
来来来来来来来来
耶耶耶耶萨丽哈
天山脚下饮泉水
伊利河畔来牧马
迎风冒雪去巡逻
萨丽哈五尺钢枪肩上挎
广阔天地练红心
哪里艰苦那安家
耶耶耶耶萨丽哈
萨丽哈最听毛主席的话
来来来来来来来来
耶耶耶耶萨丽哈
站在草原望北京
心儿向著天安门
哈萨克青年跟著党
萨丽哈辽阔草原把根扎
千难万险踩脚下
革命路上大步跨
耶耶耶耶萨丽哈
萨丽哈最听毛主席的话
来来来来来来来来
耶耶耶耶萨丽哈
哎萨丽哈萨丽哈

サリハが毛主席のお話を最も聞く

作詞 張世栄 作曲 祝恒謙

東方に昇る金の朝焼け
草原に満開のひまわり
カザフの青年は気概ある
サリハはひたすら金訓華を学び
ワシになり羽を広げて飛ぶ
温室の一本の花にならず
ヤヤヤヤサリハ
サリハが毛主席のお話を最も聞く
ライライライライライライライライ
ヤヤヤヤサリハ
天山の足下泉の水を飲む
イリの河畔に野駒来る
風に向かい雪に向かいパトロール
サリハは五尺の銃剣を肩に担ぎ
広い天と地赤心を磨く
困難のあるところに家を構える
ヤヤヤヤサリハ
サリハが毛主席のお話を最も聞く
ライライライライライライライライ
ヤヤヤヤサリハ
草原に立ち北京を望む
心は天安門に向かう
カザフの青年は党とともに
サリハは果てない草原に根を張って
困難も災難も足元に踏みつけ
革命の道の上を大股で歩く
ヤヤヤヤサリハ
サリハが毛主席のお話を最も聞く
ライライライライライライライライ
ヤヤヤヤサリハ
アイサリハサリハ

概要

革命歌というには変わった歌である。歌詞は革命的ではあるが、曲調は民謡っぽい雰囲気が濃厚に残っている。聞き慣れない曲調に少し見覚えのある歌詞、ふしぎな感じだ。カザフといった語が出てくることから、中央アジアの民謡をベースにしているのかもしれない。

来歴等ほとんど見当たらない。2000年代に入ってリメイクされたらしいが、もともとは70年代の歌らしい。

動画はカラオケ映像と思しきMVから。これがイリ河かな、と考えながら見てしまう。黄金に輝く水面が美しい。中央アジアに近い中国の西の方はこんな感じなのだろうか。踊っている女性も異国情緒を漂わせている。
記事検索
Amazonライブリンク
Google AdSense
RSS
  • ライブドアブログ