歌え中国革命歌

唱口常開!

屈塬

假如战争今天爆发 | 戦争ならば今日勃発

假如战争今天爆发

作詞 屈塬 作曲 印倩文

磨砺意志的铠甲,
压满智慧的弹夹。
人未出发,心已到达,
意念在厮杀。
军人的魂魄在制高点上挺拔。
一切为了面对,
假如战争今天爆发。
每一天都全副披挂,
每一刻都整装待发,
我用生命向使命承诺,
假如战争今天爆发,
这就是我的回答。
抛开温情的牵挂,
跨越极限的关卡。
旗在翻飞,梦已合围,
胆略再穿插。
军人的血性在冲锋号中锻打。
一切为了迎接,
假如战争今天爆发。
每一天都全副披挂,
每一刻都整装待发,
我用生命向使命承诺,
假如战争今天爆发,
这就是我的回答。
每一天都全副披挂,
每一刻都整装待发,
我用生命向使命承诺,
假如战争今天爆发,
这就是我的回答。
这就是我的回答。

戦争ならば今日勃発

作詞 屈塬 作曲 印倩文

意志の兜を練磨して、
知恵の弾倉を満たす。
人はいまだ出ず、心はすでに達し、
思いは殺し合いにあり。
軍人の魂は高いところにそそり立つ。
全ては向かい合うため、
戦争ならば今日勃発。
毎日一揃いの甲冑をまとい、
毎秒身支度して機会を待つ、
私は命を使命のために引き受ける、
戦争ならば今日勃発、
これが私の回答。
温情の心配を置き去りにし、
極限の関門を乗り越える。
旗は翻り、夢はすでに抱き、
度胸と智謀をまた織り込む。
軍人の気骨は突撃の号令の中で鍛錬する。
すべてを迎え入れるため、
戦争ならば今日勃発。
毎日一揃いの甲冑をまとい、
毎秒身支度して機会を待つ、
私は命を使命のために引き受ける、
戦争ならば今日勃発、
これが私の回答。
毎日一揃いの甲冑をまとい、
毎秒身支度して機会を待つ、
私は命を使命のために引き受ける、
戦争ならば今日勃発、
これが私の回答。
これが私の回答。

概要

旋律は勇ましいが、歌詞が難しい。サビの部分は何度か繰り返されるからまだいいものの、間の歌詞は難しく、日常会話で使わないどころか難解な文語表現まで出てくる。おそらく中国人でも初めて聞いたらわからないのではないかと思えるほど。

来歴については一切不明だが、中国の革命歌曲データベース的なサイトでは「全军战歌演唱会」の曲目と出てくる。これが「强军战歌演唱会」のタイプミスだとしたら、2013年9月30日に習近平軍事委員会主席の批准を得て、総政治部が主催した会のことになる。現にこの歌も歌われたようだ。だから2010年台の歌とした。同会には更迭された房峰輝も出席したらしい。

動画は人民解放軍の宣伝映像から。人民解放軍って知っている限りは陸海空とあるはずなんだけど、陸がメイン、空が少しだけ、海に至ってはほとんど出てこない。これは軍内の力関係を現しているのか、それとも採用者数を現しているのか。

西部放歌 | 西部の放歌

西部放歌

作詞 屈塬、作曲 印青

哗啦啦的黄河水日夜向东流
黄土地的儿女跟着那太阳走
一道道岭一条条沟
一声声信天游早已不唱那走西口
多少年的祈盼多少代追求
年轻的高原人赶上了好年头
大开发的号角在新时代吹响
神奇的西部追赶潮头竞风流
大开发的号角在新时代吹响
神奇的西部追赶那潮头竞风流
冰河化春水荒漠变绿洲
一场场及时雨就像一杯杯醉人的酒
八方来支援兄弟手挽手
甩开臂膀创大业咱奋发争上游
赛江南的美景在新世纪造就
古老的山川明天到处披锦绣
赛江南的美景在新世纪造就
古老的山川明天到处披锦绣
哗啦啦的黄河水日夜向东流
黄土地的儿女跟着那太阳走

西部の放歌

作詞 屈塬、作曲 印青

ざあざあと黄河の水は日夜東に流れ
黄色い土地の子どもはあの太陽とともに歩く
一筋一筋の峰一筋一筋の水路
一声一声の民謡はとっくに歌われず西に行った
多くの少年の祈りといくつかの代の求め
若い高原の人はよい時代に出くわす
大開発のラッパは新しい時代に響き
神秘の西部は波に追いつき風流を競う
大開発のラッパは新しい時代に響き
神秘の西部は波に追いつき風流を競う
氷河が春の水になり荒涼とした沙漠が緑になる
一雨はまさに人を酔わす一杯の酒のよう
各地が支援に来て兄弟は手と手を取る
腕を振り回して大事業を成し遂げ我ら奮起し高みを目指す
新世紀に作られた長江以南の美景と競う
古い山河は明日どこでも美しさをまとう
新世紀に作られた長江以南の美景と競う
古い山河は明日どこでも美しさをまとう
ざあざあと黄河の水は日夜東に流れ
黄色い土地の子どもはあの太陽とともに歩く

概要

壮大な詩だ。西部の開発を賞賛する歌である。黄河の流れに西部の沙漠、壮大な景色が歌いあげられている。また歌自体も荘厳で、歌詞も聞き取りやすい程度のテンポに調整されている。何度も歌うと西部の開発に向けて一致団結頑張ろうという気がしてくる歌である。

西部の歴史や文化を伝える歌集の中に収録された歌である。こちらも共産党誕生90周年を記念して編まれた本に収録されている。多くの人に愛されている歌で、豊かで活発な人民の文化生活を歌い、人民の心身の健康に寄与している歌と言われている。言い過ぎである。

動画はテレビ番組から。タンバリンがよく聞こえるな、という感想が一番に出てくる演奏会である。外国人が演奏し、ハープまである本格的なオーケストラなのに。歌っているいるのは歌手の王宏伟(王宏偉)。衣装も中山服という、革命歌を歌うにふさわしい格好をしている。しかも独唱である。さぞ気持ちよかろうと思う。

天路 | 空の道

天路

作詞 屈塬、作曲 印青

清晨我站在青青的牧场
看到神鹰披着那霞光
像一片祥云飞过蓝天
为藏家儿女带来吉祥
黄昏我站在高高的山岗
盼望铁路修到我家乡
一条条巨龙翻山越岭
为雪域高原送来安康
那是一条神奇的天路
把人间的温暖送到边疆
从此山不再高路不再漫长
各族儿女欢聚一堂
黄昏我站在高高的山岗
看那铁路修到我家乡
一条条巨龙翻山越岭
为雪域高原送来安康
那是一条神奇的天路
带我们走进人间天堂
青稞酒酥油茶会更加香甜
幸福的歌声传遍四方
幸福的歌声传遍四方

空の道

作詞 屈塬、作曲 印青

夜明けに我が駅は青々とした牧場にあり
鷹が曙光をまとっているのが見える
まるで瑞雲が青空を飛んだよう
チベットのため家の子女が吉祥を連れてくる
黄昏に我が駅は高い高い丘にあり
鉄路が我が故郷まで敷設されるのを待ち望む
一頭の大きな龍は多くの山を越え
雪の高原に安寧をもたらす
あれは不思議な空の道
人の暖かさを辺境にもたらす
ここからは山は高からず道は続かず
各民族の子女が一堂に歓び集う
黄昏に我が駅は高い高い丘にあり
鉄路が我が故郷まで敷設されるのを待ち望む
一頭の大きな龍は多くの山を越え
雪の高原に安寧をもたらす
あれは不思議な空の道
我らとともに人間の楽園に進み行く
ハダカムギ酒とバター茶がさらに味と香りをつける
幸せの歌声が四方に伝わる
幸せの歌声が四方に伝わる

概要

チベットのことを歌い上げた本歌は、どこか悲しさの漂う歌だ。のびのびと歌っている中にも、しっとりとした感情が伝わってくる。何が原因かは分からないが、物寂しさ、不安、そういったものが漂う。雄大な土地に置かれた人間一人の感情なのかもしれない。

2001年、作曲家の印青と作詞家の屈塬が共にチベット鉄道の建設現場に赴いた。工事関係者とチベット族の人たちが皆、チベット鉄道のことを「天路」(空の道)と呼んでいることを知り、本歌が作られた。チベット族の民謡を参考にしてはいないが、独特の高低や長短の組み合わせがまた違った感じを与える曲になっている。

動画は2005年に放送されたテレビ番組から。緑のジャージを着ているのが韩红(韓紅)、軍服を着ている美人のお姉さんが阿兰(阿蘭)である。観客席も女性の軍人で占められていることから、女性向けの番組なのだろう。だから威勢がいい歌よりもしっとりとした本歌が受けているのかもしれない。
記事検索
Amazonライブリンク
Google AdSense
RSS
  • ライブドアブログ